2022年5月2日月曜日

ご案内「ナマズの生態について学ぼう!」

 

吉川でチャレンジし隊さんの企画に賛同し、お知らせします。

**********

吉川の財産である水田や水辺の生態系を大切にしていきたいと考えています。今回は、吉川市のシンボルであるナマズに着目しました。

ナマズは水生動物の頂点!ナマズが居ることは豊かな生態系が残っている証です。一緒に楽しく学びませんか?

 

ナマズの生態について学ぼう!

日時:①57日(土)、②514日(土) 

     どちらかをお選びください。(内容は同じです)

  17:0018:00 座学「ナマズってどんな生き物?」

  18:0019:00 見学 ナマズの産卵場所(産卵に出会えたらラッキー)

  19:0019:30  振り返り

場所:中央公民館

定員:15

参加費:大人300

申し込み先:吉川でチャレンジし隊 taichijibikiofficial@gmail.com  

 

2022年5月1日日曜日

汚水からバイオガス発電!Co2削減へ!

 汚水からバイオガス発電!Co2削減へ!

2月3日(木)埼玉県市民ネットワークのメンバーと中川水循環センター汚泥消化施設の見学に行きました。



中川水循環センターは、北は幸手市、西は伊奈町から15市町の下水を三郷市まで運び処理する埼玉県の施設です。下水を微生物によって分解し、沈殿した汚泥を焼却、分離してきれいになった水を中川に放流しています。

そこに令和3年に汚泥消化施設が完成し、濃縮により焼却する汚泥を6割まで減らし、12,400t/年分のCo2を削減。さらに、汚泥消化施設は、微生物の働きで汚泥中の有機物を分解しバイオガスを発生させるので、それにより925万kWhが発電され、その熱で焼却することで4600t/年のCo2が削減可能とのこと。さらに余剰の電力は再生可能エネルギーとして電力事業者に売却されるそうです。

Co2削減は待ったなしの状態。埼玉県の施設からの温室効果ガスは下水道局が約6割を占め、省エネ・創エネに向け更なる削減が必要なようです。

三郷ジャンクションの脇にある広大な施設は誰でも見学ができるそうです。タンクに登るとジャンクションも見え、なかなか見応えがありますよ。


2021年12月28日火曜日

無農薬大豆作ろう!

“吉川でチャレンジし隊2021”さんの記事(動画)「無農薬大豆を作ろう」を「関連団体紹介」のページにアップしました。

こちらをクリック


 

2021年10月12日火曜日

予算要望書 提出

 105日 吉川市長宛に2022年度の予算要望書を提出しました。

椎葉副市長に要望書の受け取り対応をして頂きました。

  こちらをクリック